デジタルマガジン

2010年06月03日 14:00

行方不明になっていた500万ドルの価値がある月の石、政治家の自宅から発見される

このエントリーをはてなブックマークに追加

photo:AP

 行方が分からなくなったとされていた月の石が、コロラド州元知事の自宅にあったことが分かりました。その月の石は500万ドルの価値があるとされています。

 なくなった月の石は、1974年のニクソン政権の時にアメリカの全50の州と130以上の外国にプレゼントされたもので、フェニックス大学の学生が月の石のことを調べようとしたところ「行方が分からなくなった」と発表されたそうです。

 しかし最近になって、その月の石はコロラド州の元知事であるジョン・ヴァンダーフーフ(88)の自宅にあったことが分かりました。ヴァンダーフーフ元知事は1973~1975年の期間、コロラド州の知事を務めており、以来ずっと自宅に月の石を飾っていたとみられています。

 月の石の価値を低くみていたと主張するヴァンダーフーフ元知事はテレビ局の取材に対して「月の石は博物館に提供したよ」と冗談を言いましたが、誰も相手にされなかったとのことです。

 写真がその月の石ですが、ブラックマーケットにおいて500万ドルの価値があるとされています。さっさと州に返してください、ヴァンダーフーフ元知事。

[ via Metro.co.uk ]

このエントリーをはてなブックマークに追加