デジタルマガジン

2010年06月23日 8:00

自転車からサドルだけが盗まれる原因が判明。犯人はサドルコレクターだった!

このエントリーをはてなブックマークに追加

photo:djeucalyptus

 自転車乗りなら自分や友達が被害にあったのを一度は経験しているサドルの盗難。サドルを盗られた人が別の人のサドルを盗むことによって連鎖するこの被害ですが、ついにその元凶が分かりました。

 昔から不思議に思ってたんです。サドルを盗まれた人が他の人のサドルを盗むのは動機としてまあ分かります。でも、それをさかのぼっていくとサドルを盗まれてないのにサドルを盗む人がどこかにいるはずなんですよ。

 鶏が先か卵が先かみたいな話ですが、事故やイタズラでなくなるサドルの量より盗まれる量の方が圧倒的に多い気がします。なぜなくなるのか? それはサドルコレクターの仕業だったのです。

 22日、栃木県警が女子児童の自転車のサドルを盗んでいた男を窃盗の容疑で逮捕したと発表しました。男は「サドルを見て楽しんでいた」と容疑を認めているそうです。男の家からは自転車のサドル78個、ヘルメット10個、そして体操着などが発見されました。

 “サドルを見て楽しむ!” そんな嗜好があるとはビックリです。きっと全国にこの男と同じ嗜好を持つ人が大勢いるのでしょう。サドルコレクター、許せない存在です。

このエントリーをはてなブックマークに追加