デジタルマガジン

2010年05月17日 16:00

魚に多く含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)を食べても頭は良くならないとの研究結果が出る

このエントリーをはてなブックマークに追加

photo:naturmama®

 「さかなさかなさかなー、さかなーをー食べーてもー、あたまあたまあたまー、あたまーは変わーらなーい♪」らしいですよ奥さん!

 ちょっと前までスーパーの鮮魚コーナーに行くとよくかかっていた曲ですが、イギリスで行われた研究によると、魚類に含まれるオメガ-3脂肪酸(DHA、EPA)を摂取しても頭は良くならないそうです。はいはい騙されたボクがバカでした!

 ロンドン大学衛生熱帯医学大学院による研究では、70歳代の男女748人を対象に2年間かけてEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)を摂取したグループとしなかったグループに分けて調査を行ったところ、認知症などの認識機能に差はみられなかったとのことです。

 これまで魚を食べると頭が良くなると言われていたことは何だったんですか? また消費者を騙して売上を伸ばしていたわけですね。チクショー!!

 まあでもより長期間にわたって摂取した場合の効果はまだ分かっていないそうなので、20年、30年で摂り続けるといいのかもしれませんね。

[ Reuters via カラパイア ]

このエントリーをはてなブックマークに追加