デジタルマガジン

2010年05月15日 20:00

エプソン、ユーザーがインクを交換できないメーカーにとって画期的なプリンターを発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

 詰め替えインクカートリッジに頭を悩ませているエプソンが、その問題を一発で解決するすごい画期的なプリンターを発売すると発表しました。もう、ユーザーには詰め替えさせません!

 そのプリンターの名前は『EC-01』。内部に約8,000枚も印刷可能な大容量インクバックを搭載しており、その「インクがなくなったらエプソンの“インク補充サービス”を利用してね」とのことです。

 価格はオープンプライスですが、PC Watchによれば予想価格は6万円台中盤となっています。なお、“インク補充サービス”の利用は1回につき52,500円かかります。もう1回言います。1回につき52,500円かかります。

 たしかに1回の補充で8,000枚も印刷できれば1枚あたりのコストは約6.6円と安いですが、52,500円? そこどうにかできなかったんですか?

 なお、この『EC-01』、法人向けかと思いきや家庭での利用も想定されているらしく、おそらく毎回の起動での自動クリーニングや特定の色だけがなくなったりするなどして、8,000枚もの枚数はたぶん印刷することができないんじゃないかなとボクは思ってます。

 ただ、“インクおかわり2回パック”なんてのも用意されているので、もう仕事でバリバリ印刷していますという方は購入を検討してみるのも良いんじゃないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加