デジタルマガジン

2010年04月11日 16:00

“若者の○○離れ”に対する2ちゃんねるの反論コピペに超納得した

このエントリーをはてなブックマークに追加

 最近、“若者の○○離れ”という言葉が各種メディアでよく使われている。TV離れ、車離れ、活字離れなどなど、若者はさまざまな物から離れていっているらしい。

 私もまだ一応は若者に分類されると思うが、とくに離れていったという覚えはない。自分にとって必要なこと、好きなことだけをやっていたらいつの間にか彼らの言う“若者の○○離れ”になっていたというだけだ。

 そんな“若者の○○離れ”に対して、とある反論コピペが2ちゃんねるに書き込まれていた。その内容には、ものすごく納得した。そのコピペとはコレだ。

  良い子の諸君! 若者の○○離れとよく耳にするが、当時群がってたのは今のジジババ共だ! 今の若者は、離れるも何も最初から近づいてすらいないな!

 そう、まさにコレである。離れるも何も最初から近づいていなかったのだ。若者はテレビ、新聞、車、旅行、腕時計、そしてブランドに近づかなければならないというのは昔の若者、つまり今の大人たちの発想に過ぎない。

 今の時代には今の時代にあった生き方がある。ただ大人たちがそれを理解せず騒いでいるだけなのだ。同じようにこの“若者の○○離れ”に疑問を持っていた人たちの参考になれば幸いだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加