デジタルマガジン

2010年04月22日 20:00

徳島県の自衛隊が萌えポスター(非実在自衛官)を使って自衛官を募集

このエントリーをはてなブックマークに追加

 自衛隊徳島地方協力本部が、22年度用自衛官募集ポスターを同隊のホームページで公開しているのだが、これが萌えポスターだったことから話題を呼んでいる。

 このポスターを制作したのは劇場版『空の境界』などを手掛けたアニメーション制作会社『ufotable(ユーフォーテーブル)』。昨年は徳島市の観光協会から依頼を受けて阿波踊りPRポスターを制作しており、盗難事件が起きるほどの人気だった。

 「盗まれるほど人気のポスター、これで自衛官を募集すればオタクがバンバン集まってくるに違いない」。徳島県の自衛隊は、ここに目を付けたのだ。ポスターは徳島地本各事務所、そして県下の自衛隊掲示板などに掲載されるという。

 現実はそんなに甘くないと思うが、もしかしたらもしかするかもしれない。だが、オタク諸君に忠告しておく。このポスターの自衛官は非実在自衛官だ。入隊して「いないじゃないか」と騒いだところであとの祭りである。

このエントリーをはてなブックマークに追加