デジタルマガジン

2010年04月20日 10:30

雌鳥をキツネに全滅させられた雄鶏が性別をチェンジ! メスになって卵を産み孵化させようとする

このエントリーをはてなブックマークに追加

 人間も頑張ればできるのだろうか? キツネの襲来により小屋の中の雌鳥を全滅させられた雄鶏が、メスになって卵を産み、しかもその卵を孵化させようとしていると国連の科学者が明らかにした。

 この雄鶏、いや雌鳥はイタリアのトスカーナ州で飼われていた雄鶏だった。彼は農場で“精力的”に雄鶏として励んでいたという。だがある日、彼のハーレム王国にキツネが襲来。雌鳥が全部平らげられてしまった。

 このショックが彼の人生観を変えた。彼は雌鳥に生まれ変わり卵を産んだかと思うと、今度はその卵を温めて孵化させようとしたのだ。卵が有精卵なのかどうかは今のところ分かっていない。

 専門家は「これは原始的な遺伝子の生存本能の可能性があります。雄鶏はメスになることで子孫を残そうとしているのでしょう」と語っている。

 それにしてもオスがメスに変化するとは……。これが本当の男の娘。

[ エルエル via Orange UK ]

このエントリーをはてなブックマークに追加