デジタルマガジン

2010年04月08日 11:00

1本増えてもオクトパス? 9本足のタコ、見つかる

このエントリーをはてなブックマークに追加

photo:Tamara Lush / AP

 フロリダ州にあるレストランのシェフが、食材の中から9本足のタコを発見した。タコはメキシコ湾から輸入されてきたものだという。

 この道40年のベテランシェフ、エマヌエル・プソマスさんはその日、タコを茹でようと手に取った。しかし、どこかおかしい。調べてみると、なんとそのタコには足が9本あったのだ。

 プソマスさんはタコを発見したことについて「私はこれまで数多くのタコを見てきました。しかしこんなことがあるなんて、信じられません。3回も数え直しましたよ」と語っている。

 海洋専門家はこの“9本足のタコ”について、遺伝子の突然変異によるものだろうと語っている。オクトパスは“8”を意味する言葉だが、9本の場合、なんと表現すれば良いのだろうか?

 タコは今のところ冷蔵庫に保管されているが、プソマスさんはこれを食べて楽しむ予定だという。

[ via MiamiHerald.com ]

このエントリーをはてなブックマークに追加