デジタルマガジン

2010年04月15日 16:00

アップル、「iPadがアメリカで大成功を収めているから」という意味不明な理由でiPadの国外での発売を延期

このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルが4月末に予定していたアメリカ国外でのiPadの発売を5月末に延期した。それは構わない。だがその理由が意味不明すぎる。

 アップルのリリース文は以下だ。

  Appleは、iPad^(TM)を発売後最初の一週間で50万台以上出荷いたしましたが、予想をはるかに超える需要があり、より多くのお客様がiPadを実際に手に取って見られる中、今後数週間にわたって私どもの供給を超える需要があるものと思われます。また、iPad 3Gモデルにつきましても、4月末の納期分に対し数多くのご予約をいただいております。

 このような驚くべき米国内での強い需要に直面し、iPadの米国外での発売時期を1ヶ月延長して5月末とするという困難な決断をいたしました。5月10日 (月) に、米国外での販売価格を発表し、オンラインでの予約受け付けを開始いたします。iPadの発売を待ち望まれていた米国外の多くのお客様には、このニュースに失望されることと思いますが、iPadがかくも米国で大成功を収めているという発売延期の理由を聞いてご了解いただけることを希望いたします。

 ……結局どういう理由で発売を延期するのかサッパリ分からない。

 リリースを読む限りではアメリカで大ヒットを収めているため「このまま国外で発売しても足りないのは必至なので増産する」か「国外向けに用意していた分をアメリカ向けに回すので延期する」のどちらにも読めるが、どうとでもとれる文章と言えるだろう。

 「大成功だから発売延期するよ」と聞かされて「さすがアップル! そこにシビれる! あこがれるぅ!」と納得するのはスタイリッシュでクールに決めている生粋のMac信者ぐらいで、一般の日本人ユーザーからしてみれば結局どんな理由で発売を延期するのかサッパリ分からない。延期の理由は消費者の頭の中任せって、それはないだろう。

 理由を明確にしてしまうと“申し訳ありません”とお決まりの文句を入れなきゃいけないから明確にしていないのかもしれないけど、それはあまりにも不親切じゃないだろうか、アップル?

このエントリーをはてなブックマークに追加