デジタルマガジン

2010年04月16日 17:00

2ちゃんねるの高齢化は当たり前。いちいち言う必要あるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2ちゃんねるの高齢化が進んでいるとマスメディアが騒いでいる。そんなこと、今の時代を考えれば当たり前だろう。今、どんな社会だと思っているんだ?

 日本は高齢化社会。そして少子化も進行している。普通に考えればどこのサイトだろうが大人が増えて若年層が減る。それが当たり前なのだ。

 各年齢層が均等に存在する社会なら高齢化が叫ばれてもおかしくない。それは議論する必要があるだろう。だが、そんな社会は存在しない。それに私たちの日本は、老人だらけの国になろうとしているのだ。そんな中で既存ユーザーよりも若者のユーザーの方を多く取り込むほどパワーのある媒体があるのなら、それを取り上げるべきだろう。そして、そこから学ぶべきだ。

 この“2ちゃんねるの高齢化”については、2ちゃんねる管理人のひろゆき氏(※1)も自身のブログにてこのことを報じたJ-CASTニュースに対して怒りをあらわにしている。

 が、このことを調べているうちに最初にこの“2ちゃんねるの高齢化”を大きく報じたのはひろゆき氏も参加しているガジェット通信のようである。J-CASTの記事は4月13日、ガジェット通信の記事は4月7日、これはいったいどういうことなのだろうか?

 なんだかよくわからない内容になってしまったが、報道に惑わされぬようどこの媒体も高齢化するのは当たり前、ということを頭の隅にでも置いておいてくれれば幸いだ。

※1.シンガポール法人のパケットモンスター社とひろゆき氏は実質的には同一視できるとの判断が東京地裁にてなされているため、デジタルマガジンはこれまで通りひろゆき氏を管理人とする。

このエントリーをはてなブックマークに追加