デジタルマガジン

2010年03月01日 18:00

Twitterで歌詞をつぶやくとJASRACの利用料が発生する

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニコニコ動画を運営する株式会社ニワンゴの取締役である木野瀬友人(キノセトモヒト)氏が驚きの事実をTwitter上で明らかにした。歌詞をつぶやくと、JASRACの利用料が発生すると言うのだ。

 JASRACの利用料とはもちろん音楽著作権の利用料。たった140文字の世界でもこれをつぶやけばお金を取るというから驚きだ。利用料は誰に発生するのだろうか? ユーザー? それともTwitter? アメリカのTwitter社から利用料を徴収するつもりならそれはそれで面白いが。

 この件についてTwitterユーザーの間では「つぶやきまくってた」「つぶやきが既存の歌詞と一致してない自信がない」「JASRACは無断フォロー禁止!」「これはひどい」「本気なんだろうか」「そろそろくると思ってた」などと話題になっている。

 今後、Twitterユーザーは不用意に歌詞をつぶやかないように気をつけた方がいいだろう。そうそう、作詞家の方は「Twitter始めました」という歌詞を作ってみてはいかがかな? JASRACがきちんと分配してくれればきっと大儲けできるぞ。

 この記事には続報があります! → JASRACに著作権料を支払うのはユーザーではなくTwitter社。安心して歌詞をつぶやこう!

このエントリーをはてなブックマークに追加