デジタルマガジン

2010年02月25日 13:00

ヤマハ、VOCALOIDに表現豊かにしゃべる機能を付加した新バージョン『VOCALOID-flex』を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハ株式会社は、ニコニコ動画を中心に大人気となっているVOCALOIDをさらに進化させ、歌唱合成機能だけでなく表現豊かな「しゃべり」機能を付加した新バージョン『VOCALOID-flex』の提供を開始すると発表した。

 これまで、VOCALOIDは歌声を合成することしかできず、普通に喋らそうとすると奇妙なイントネーションになってしまうことが多かった。しかしこの新たな『VOCALOID-flex』では、“喋り”もスムーズに行えるようになるという。

 『VOCALOID-flex』では、従来のVOCALOIDでは実現できなかった母音の無声化が表現可能となり、子音の長さならびに音の高さや強さも細かく編集することができるとのこと。これにより、より人間に近い発話が可能となり、方言等のアクセントやイントネーションもつけることができるという。

 また、この『VOCALOID-flex』の展開第一弾として、4月29日にコナミが発売予定のゲーム『METAL GEAR SOLID PEACE WALKER』にて登場キャラクターの音声制作ツールとして使用が決定している。

 今のところ一般には提供されないようだが、近い将来クリプトン・フューチャー・メディアが提供している初音ミクなどのVOCALOIDシリーズに『VOCALOID-flex』は追加されるのだろうか? 今後のVOCALOIDの発展に今から期待したい。

このエントリーをはてなブックマークに追加