デジタルマガジン

2010年02月08日 14:00

政治家、田村耕太郎議員曰く、Twitterで本名を名乗らず無礼な発言をする奴は卑怯者

このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年末、大敗を喫した自民党を電撃離党した政治家の田村耕太郎氏(参議院鳥取県選挙区)がTwitter上でこんなつぶやきをした――匿名で無礼な発言をする奴は卑怯者だ。

 どういった流れでそういった発言に至ったのかはコチラのリンク先を参照して欲しいが、かいつまんで説明すると田村氏は現在TBSと密着報道特集を組んでおり、それを民主党へ移籍(入党)する布石(イメージ戦略)ではないかとほかのTwitterユーザーに煽られてしまったわけだ。

 現在は削除されてしまっているが、田村氏の発言は次の通りだ。

  【まだ決めていないって言ってるだろ。本名も名乗らずに無礼な発言する卑怯者はブロック当たり前だ!お前らこそ卑怯者だ!本名名乗ってから文句いえ!】

 ……なんというかTwitterには向いてないのではないだろうか? 政治云々の話をここでしてもしょうがないが、少なくとも日本のインターネットはいまだ匿名が主流であり、そこで政治活動を行うならばそういったことは織り込み済みのはず。

 とくにTwitterは個人間の敷居が低く、届けようと思えば誰にだって好きなメッセージを届けられる場だ。そんな場に入ってきて「お前らは卑怯者だ!」とキレるなら最初からやらない方がいい。田村氏にはそういった匿名文化があることを学んで欲しい。

このエントリーをはてなブックマークに追加