デジタルマガジン

2010年02月26日 8:00

喧嘩しているコアラの鳴き声がグレムリンにそっくり

このエントリーをはてなブックマークに追加

 1日のうち20時間を寝て過ごすコアラ。ずっと木に掴まっていることもあり、おとなしい動物というイメージがあるが、本性は違った。コアラ、グレムリンだった。

 グレムリンとはもちろん1984年に製作されたアメリカ映画で、主人公のギズモの可愛さにメロメロになったファンも多いはずだ。だが、このグレムリンこそコアラだったのだ。

 なぜか? その理由はこの動画にある。今から紹介する動画はコアラの喧嘩シーンなのだが。これを聞けばグレムリンだということが分かる。

 最初はおとなしいグレムリンに、後半からは12時過ぎに食べ物を与えて変身してしまったグレムリンの鳴き声にそっくりだ。コアラ、おそろしい子。

[ via IDEA*IDEA ]

このエントリーをはてなブックマークに追加