デジタルマガジン

2010年02月17日 8:00

更新:国母和宏選手の服装について批判している人たちにどうしても読んで欲しい記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

photo:NEWSCOM

 バンクーバー五輪のスノーボード男子ハーフパイプの代表選手、国母和宏選手が服装のことで批判されていることは多くの読者がご存じだろう。

 この記事を読んでいるあなたが肯定派・否定派は分からないが、この問題にちょっとでも興味があるなら、今から紹介する記事を読んで欲しい。元全日本スキー連盟のトレーナー、古川元幸氏による“国母問題”についての言及記事だ。

 国母問題について(長文)※記事が削除されていたのでキャッシュページに差し替えました。

 上記の記事ではスノーボードという競技のこと、日本のスノーボード選手が苦しませる問題、そして全日本スキー連盟が抱えている問題を知ることができる。この記事を読まなければ、知ることが一生できない内容だったろう。

 服装がどうとか、反省しているように見えないだとか、そんなこと、関係あるのだろうか? オリンピックのこと、そしてそれを目指している選手の苦悩のことを知っている人がどれほどいるのだろうか?

 ちょっとでも興味がある人は記事を読んでみて欲しい。なお、私の立ち位置は“服装について全く興味がないが、電話や投書などで抗議する人に一体何様なんだと憤りを感じている”である。彼らにとってオリンピックとはただのエンターテインメントのひとつに過ぎないのではないだろうか? 個人の価値観を他人に押しつけるのはやめて欲しいものである。

※2/17 9時22分更新。リンク先が削除されていたためリンク先に変更を行いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加