ニコニコ動画専用URL短縮サービス『nico.ms』の公式化が、西村ひろゆき氏のTwitter上での一声で決定

インターネット

 大人気ながらも赤字経営を続けているニコニコ動画の、非公式URL短縮サービス『nico.ms』が昨日、西村ひろゆき氏の鶴の一声でニコニコ動画公式になることが決定した。

 一体どういう経緯で公式化が決定したのか? 現場は、Twitterだった。

 まず、ブロガーのmyrmecoleon氏が「ニコニコ動画にURL短縮サービスが欲しい」とつぶやいた。そのつぶやきを、ドワンゴ会長の可能性が限りなく高いkawango氏が「そりゃそうだ」と持ち上げた。

 そのkawango氏のつぶやきを読んだひろゆき氏が『nico.ms』があることをつぶやきで返信したのだが、これに『nico.ms』の運営者かつニコ生企画放送部の放送技術担当であるtoeic990氏が食いついたのだ。

 「ドメインをお譲りしますよ。ただし条件は@iyokan_nico率いるNKH-ニコ生企画放送局のチャンネルを安価で作らせて貰えること」

 この発言にひろゆき氏は「乗った!」と一言。toeic990氏も承諾。こうして、わずか1時間とちょっとの間に、見事、ニコニコ動画専用URL短縮サービス『nico.ms』の公式化が決定した。

 公式化した『nico.ms』は一体どんなものになるのだろうか? 非公式ではできなかった様々なサービスが付与されることを期待したい。

 ニコニコ動画専用URL短縮サービス nico.ms