カメラのフィルムがそのまま置き時計になった『ジータッチ フィルムクロック』

ガジェット

 デジタルカメラの普及により徐々にその姿を消していっているロールフィルム。しかし、データではなくモノとして長期間残ることから、フィルム式カメラの愛好家も少ないはない。

 そんな“フィルムが好き”という方にオススメしたいのが、コチラのアイテム。『ジータッチ フィルムクロック』だ。見たまんま、ロールフィルムが置き時計になっている。

 ケースから飛び出したフィルム部分は、赤色LEDが上からカレンダー、時、分、秒、そして1/10秒を表示している。普通の置き時計はつまらないという人には、めまぐるしく時が変化するこういった時計も面白いかもしれない。

 サイズは175(W)mm×95(D)mm×205(H)mm。重さは393g。電源はAC電源、もしくは単2電池3本。内部にリチウム電池を搭載しているため、電池が切れた時でも再設定の必要なく復旧することができる。

 お値段7,875円。