中国、1日17億通以上もの携帯電話メールの検閲を開始

インターネット

© nDevilTV

 Googleの撤退騒動で何かと騒がしい中国のインターネット界だが、中国政府はインターネットのさらなる規制強化を開始した。なんと携帯電話のメールの検閲を始めたのだ。

 検閲対象は世界1位の携帯電話キャリア中国移動通信と世界3位の中国聯合通信の2社。なかでも中国移動通信は5億800万人のユーザーを抱えており、メールの通信数は1日につき17億通にのぼる。

 地元の新聞社の話では、すでにメールに卑猥な内容が含まれていたため携帯電話をブロックされた男性もいるという。男性は携帯電話を復活させるために身分証明書を警察署へ提出したうえ、もう二度とそのようなメールを送らないことを文書で誓わされたそうだ。

 中国移動通信は、ポルノ、暴力、詐欺、テロリズムの提案、犯罪への扇動、そしてギャンブルに関する内容を含んだ“違法なメッセージ”はすべて警察へ報告すると話している。

[ via Telegraph ]