裁判所がペットの猫に陪審員として出廷要請。飼い主が「猫です」と説明するも「とにかく来い」の一点張り

海外ニュース

 アメリカ、マサチューセッツ州イーストボストン地区で開かれる予定の裁判で、奇妙なことが起きています。なんとペットの猫に対して陪審員としての出廷要請が出されているのです。

 陪審員として選ばれてしまったのは、ガイ・エスポージトさんの飼い猫、サル・エスポージトちゃん。もちろん正真正銘ただの猫で、夜中に人間に化けて出るなんてこともできません。

 一体全体どうしてこうなった? ガイさんの妻であるアンナさんは、そう言えば……と、こんな話を切り出しました。

 「昔、国勢調査のときにペットの名前を書く欄があったんです。サルはもちろん私たちの家族ですから、犬という項目を取り消して猫にしてから“サル・エスポージト”って書いて提出しました。でも、まさか、そんな……」

 連絡を受けたアンナさんは、裁判所に対して「サルが猫である」という理由から陪審員の資格剥奪を申請しましたが、裁判所はこれを却下。「とにかくサルを出廷させるように」との一点張りだったとか。

 運命の日は3月23日。もしもこのまま問題が解決しない場合、アンナさんはサルちゃんを抱いて裁判所に出廷しなければならないそうです。

[ ザイーガ via Nothing To Do With Arbroath ]