デジタルマガジン

2009年12月11日 23:23

【レビュー】iPhoneアプリ『Sleep Cycle alarm clock』を1ヶ月間使ったら体調が悪化した

このエントリーをはてなブックマークに追加

use-of-sleep-cycle-alarm-clock-has-a-risk

 先日から『iTunes』の有料アプリランキング1位を独占しているアプリ、『Sleep Cycle alarm clock』。このアプリを1ヶ月使い続けてみたら、体調がかなり悪化してしまいました。

 『Sleep Cycle alarm clock』は、人間の浅い眠り“レム睡眠”の時を見計らって起こしてくれる優れもののアプリです。レム睡眠時は脳が覚醒に近い状態で活動しているため、スムーズに起きられるというわけです。

 「これで寝起きが悪い人や、ついつい二度寝してしまう人もご安心」という紹介に釣られて愛用していたのですが、まさか逆に起きられなくなるとは思いませんでした。

『Sleep Cycle alarm clock』使用開始

 ボクが『Sleep Cycle alarm clock』のことを知ったのは、ブログ『ネタフル』の11月4日の記事「「Sleep Cycle alarm clock」浅い眠りの時に起こしてくれるiPhoneアプリ」からでした。

 “浅い眠りの瞬間を狙って起こしてくれる”という夢のような機能に惚れ、すぐにアプリを購入。早速、その日の夜から使い始めました。ボクはいつも11時就寝、5時起床を心がけています。

 そして翌日。4時半ごろに『Sleep Cycle alarm clock』のアラームが鳴り始めました。いつもより30分早い時間ですが、不思議と頭は冴えており、そのまますぐに仕事に取りかかれました。レム睡眠時の起床、なかなかスゴい。

 その翌日も30分ほど早く、さらに翌日はセット時間の5時ちょうどにアラームが鳴りました。セット時間を過ぎてもレム睡眠状態でない場合は、その時間ちょうどに起こしてくれる仕組みなのです。

 睡眠時間も短くなり、寝起きも快適。「これはもう手放せないアプリだなあ」と思い始めたころ、体に異変が起こり始めました。

なぜか起きられなくなる

 使い始めて2週間ぐらい経ったころからでしょうか、なぜかだんだんと起きられなくなってきました。それどころか、せっかく早く起きたのに二度寝してしまうのです。

 こうなると早起きも意味がなくなってしまいます。次に起きた時間は6時だったりと、これまでよりも遅い時間に起きることが多くなってきました。当然、仕事に取りかかれる時間も減り、頭も冴えないためなかなか記事を書くことができません。

 慣れない睡眠サイクルに体がちょっと変になってしまっているだけ。そう楽観的に思っていたのですが、体調はさらに悪化していったのです。

つねに襲ってくる眠気。なぜか昼寝もできない

 3週間目をすぎたころから、昼間でもつねに眠気が襲ってくるようになりました。ただひたすら、眠いのです。ちょっとでも気を抜くとウトウトしてしまい、これではいけないと集中しようとしても、どうも身が入りません。そしてまた、眠くなってしまいます。

 ボクはいつも毎日13時半から14時まで仮眠を取っています。13時半から横になるので、実際に眠っている時間は15分~20分ぐらいでしょうけれど、この短い昼寝を取ることによって、午後からの仕事をウンと頑張れるのです。かかせないお昼寝タイムです。

 でも、これも眠れなくなってしまいました。前述の通り、体は眠いと訴えています。これなら横になればすぐ眠れるだろうと思っていましたが、不思議と眠れません。そして眠い意識の中ダラダラと時間だけが過ぎ、気づけば14時になっているのです。

 そしてまた机に向かうのですが、眠れていないので眠気は取れていません。結果として、パフォーマンスの低い状態のまま時間だけが過ぎていくことになりました。数日経っても状況が改善しなかったため、ボクは決心しました。

さようなら『Sleep Cycle alarm clock』

 『Sleep Cycle alarm clock』の使用をやめました。それが3日前です。12月9日、10日、11日とiPhoneのアラームだけを使って5時に起きていますが、とても快調です。9日は若干まだ頭が重い感じがしましたが、それでも前の日に比べれば格段に冴えていました。

 今日はといえば、すこぶる快適です。もちろん『Sleep Cycle alarm clock』が全ての原因ではないでしょうが、レム睡眠時に起きようとすることで、全体的な睡眠時間が削られてしまったのだと思います。

 レム睡眠時は、脳が起きている状態(エネルギーの消費量も起きている時と変わらない)なので起きやすいのがメリットですが、その代わり体の休息が取れなくなってしまうデメリットもあるのです。

 先日までの体調の悪化は、このデメリットの部分が強く出たのではないかと感じています。今、『Sleep Cycle alarm clock』を使っている人はこのことに注意してください。もし昼間眠いと感じたら、それは体が休息を訴えているサインなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加