デジタルマガジン

2009年11月24日 11:00

23年間昏睡状態だった男性「ずっと意識があった」と語る

このエントリーをはてなブックマークに追加

23年間昏睡状態だった男性「ずっと意識があった」と語る

 1983年に交通事故に遭い、以来23年間昏睡状態で眠り続けていたベルギーの男性、ロム・ホーベン氏(46)が、その間ずっと意識があったことを担当医が明らかにした。

 当時、ホーベン氏は事故から目覚めると“何かがおかしい”ことに気付いたという。自分は叫んでいるつもりなのに、声がまったく出ないのだ。以来、意識はあるが反応できない生活を20年以上送ることになる。

 「医師と看護婦らは諦めずに私に話しかけてくれました。そのため、私は自分がどんな状況に置かれているのか理解できたのです」と、ホーベン氏はイギリスの新聞社に対して話している。

 ホーベン氏の状況が一転したのは、2006年に神経科医のスティーブン・ローレイズ博士が訪れたときだ。博士は高科学技術スキャンを用いて、ホーベン氏の脳が通常に機能していることを突き止めた。そして、ホーベン氏のためにメッセージをタイピングできるパソコンを用意した。

 「彼らが私を発見した日を、私は決して忘れません――それは、私の第2の人生の始まりでした」

 ホーベン氏は現在、ブリュッセルに近くにある病院で暮らしている。

[ via ninemsn News ]

このエントリーをはてなブックマークに追加