デジタルマガジン

2009年10月15日 8:00

URLを作った男のたった1つの過ち、それは“//”をつけてしまったこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

URLを作った男のたった1つの過ち、それは“//”をつけてしまったこと

photo:pashasha

 URL、HTTP、HTMLを作った世界初のウェブブラウザ『WorldWideWeb』の生みの親、ティム・バーナーズ=リー。彼にはたった1つ、その設計に過ちがありました。それは、http://と“//”をつけてしまったこと。

 先週木曜日、ワールドワイドウェブコンソーシアムの責任者としてシンポジウムに参加した際、バーナーズ=リー氏はニューヨーク・タイムズの記者にこんなことを聞かれました。

 記者「もしも今からあることをやり直せるなら、どんな間違いを訂正したいですか?」

 バーナーズ=リー氏は笑って1つの間違いを訂正したいと答えました。それは――httpのあとに続く二重のスラッシュ、“//”を消すこと。

 当時は慣例として“//”をつけていましたが、あとになって全く必要ないことが分かりました。しかし、あとの祭りです。

 バーナーズ=リー氏は「すべての新聞や紙を見て欲しい。そこには必ず“//”の2文字が入っている。一体何人の人間がこの2つのキーストロークを費やしたことだろう。Web上ではその数はもっと多くなるだろう」

 たしかに言われてみればムダに思えてきますね。「そういうものだから」と思考停止していましたが、なくなってしまえばこれほど嬉しいものもないでしょう。“h:”とかになったりしませんか? え? ダメ?

[ Gizmodo via NYTimes.com ]

このエントリーをはてなブックマークに追加