デジタルマガジン

2009年10月15日 11:00

赤外線でビビビッと写真が送れるデジタルフォトフレームが登場

このエントリーをはてなブックマークに追加

赤外線でビビビッと写真が送れるデジタルフォトフレームが登場

 プリンストンテクノロジー株式会社から、携帯電話やデジタルカメラの赤外線でビビビッと写真が送れるデジタルフォトフレーム『PPF-35IR』が、10月下旬より発売されます。

 『PPF-35IR』は、3.5インチ(320×240ピクセル)のTFT液晶ディスプレイを搭載したデジタルフォトフレーム。赤外線通信受信機能を搭載しており、携帯電話やデジタルカメラからそのまま画像を転送できます。高速赤外線通信(IrSS)にも対応しているので、大容量のファイルでも大丈夫です。

 もちろん従来どおりSD/SDHCによる表示も可能。内蔵4MBメモリの外部メモリとして利用することも可能です。

 サイズは95.2(W)mm×13.5(D)mm×89.0(H)mm。重さは約110g。カラーはホワイト、ピンク、ブルー、グリーンの4種類。連続約1.5時間駆動する内蔵リチウム電池を搭載しており、USBポート、ACアダプタからの3Way給電も可能。対応OSはWindows 7/Vista/XPとなっています。

 お値段オープンプライス、予想価格6,980円。

このエントリーをはてなブックマークに追加