デジタルマガジン

2009年10月07日 17:30

たぶん日本で一番早い『ペプシあずき』試飲レビュー! これが和の力なのか!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 『ペプシしそ』に続き、炭酸好きのド肝を抜いたサントリーのニューペプシ、その名も『ペプシあずき』。そのあずきをサントリーさんから運良く頂戴できたので早速飲んでやりました。ええ、飲みましたとも。

 佐川急便で到着。

佐川急便で到着。

 開けると中にワイン? ウイスキー? の紙袋が。

開けると中にワイン? ウイスキー? の紙袋が。

 ジャジャーン! これが『ペプシあずき』。うーん、赤い。

ジャジャーン! これが『ペプシあずき』。うーん、赤い。

 見直して見てもやっぱり赤い。まさに赤いダイヤモンド。

見直して見てもやっぱり赤い。まさに赤いダイヤモンド。

 色がよくわかるようにコップに注いでみました。

色がよくわかるようにコップに注いでみました。

 シュワシュワ~という炭酸の気持ち良い音とともに、赤い液体がコップの中に満ちていきます。普段ペットボトルからそのままなので、なんだか変な感じ。

 炭酸が落ち着いたようなのでもう一度撮影。赤いなあ。

炭酸が落ち着いたようなのでもう一度撮影。赤いなあ。

 では禁断の一口目。

禁断の一口目。

 ……うん? なんだか不思議な香りが口の中を通って鼻腔に漂ってきます。これが、、、あずきの香り?

 甘さはけっこう強め? あずきっぽい香りが鼻を刺激し、和菓子を食べている(飲んでいる)ようなイメージを沸き起こさせて甘く感じさせているのかもしれません。いつも飲んでいる『ペプシツイスト』よりは甘く感じます。

 2口目。不思議な香りが落ち着いてきました。うーん、あずきの香り、あずきの香り。あずきの香りってどんな香り? 後味はややハーブっぽい感じです。決して強い香りではないのですが、口の中に残ります。

 3口目。やや香りになれてきました。甘さも普通のペプシと変わらない感じに。やっぱり和菓子のような不思議な香りがします。決して“あんこ”じゃないのですが、この香りは表現が難しい。。。

 ペプシあずきは、これまでのしそやキューカンバーとは香りの種類が明らかに違います。強烈にくるのではなく、ほのかに鼻腔に残る感じ。好みはかなり分かれるでしょうが、ペプシ好きは話のタネに1度は飲んでみるといいですよ。和菓子好きな女性にもウケがいいかもしれません。

 『ペプシあずき』は10月20日(火)より発売開始!

このエントリーをはてなブックマークに追加