デジタルマガジン

2009年09月26日 19:00

メモリを沢山積んだマシンではWindows 7もVistaもパフォーマンスは変わらない?

このエントリーをはてなブックマークに追加

メモリを沢山積んだマシンではWindows 7もVistaもパフォーマンスは変わらない?

photo:davidlower

 10月22日にいよいよ発売されるWindows 7。Vistaがダメダメという話を聞き、XPからは飛び級で7に乗り換えようと画策している人が多いと思いますが、ちょっと残念なお知らせがあります。7は、Vistaとパフォーマンスあんまり変わらないんだそうです。

 証拠を出せ証拠を! と問い詰められそうな話ですが、マイクロソフト株式会社の会長を務めた古川享氏がTwitterでこんな発言をしていたのです。

  ガイドブックには書いてないけれど少ないメモリでWindows7を使うとサクサク動作するけれど、メモリを沢山積んだマシンではVistaとパフォーマンスはあまり変わらないそうなので、感激を味わうならメモリを外して使いましょう。

 Windows 7になれば、64bitにしてメモリ4GBの壁を突き破ってヌルヌル動作! これで「メモリが不足しています」というエラーともおさらば! と思っていたのに、そんな……そんな……。

 たしかにWindows 7の初期ベンチマークデータはVistaとそれほど変わらないというお話もありましたが、せっかくの7もハイスペックマシンではあんまり意味がないとなるとちょっと悲しいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加