デジタルマガジン

2009年09月15日 8:00

Yahooで“ハゲチャビン”と検索すると“孫正義”が1位にヒットする

このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahooで“ハゲチャビン”と検索すると“孫正義”が1位にヒットする

 Yahoo!知恵袋のとある質問から明らかになったのですが、こともあろうにYahooで“ハゲチャビン”と検索すると“孫正義”が1位にヒットしてしまいます。

 質問には「YAHOO! JAPAN でハゲチャビンを検索すると一番最初に孫正義が候補に挙がります。孫正義はハゲチャビンなのでしょうか? 仮にも、孫正義はYAHOO! JAPANを運営しているソフトバンクグループの創業者です。その人をハゲチャビン扱いしても良いのでしょうか?」と書かれており、たしかにYahooで検索すると1位にWikipediaの孫正義氏のページがヒットします。

 もちろんWikipedia内にハゲチャビンというワードはないため、多くの人が“ハゲチャビン”というキーワードからWikipediaの当該ページにリンクしているものと考えられます。つい先日Yahooの検索アルゴリズムに変動があったため、このような事態が起きてしまったのでしょう。

 創業者をハゲチャビン呼ばわりするのはとんでもないと言えばとんでもないですが、「そういった脚色をせずにしっかりと検索するところがすばらしいサービスではないか」との回答がベストアンサーに選ばれています。自分を犠牲にしてまで良い検索結果を目指すなんて、孫さんカッコイイ!

このエントリーをはてなブックマークに追加