デジタルマガジン

2009年09月05日 18:20

鳩山幸夫人のUFO発言が世界中で取り上げられた翌日、GoogleのロゴがUFOに変わる

このエントリーをはてなブックマークに追加

鳩山幸夫人のUFO発言が世界中で取り上げられた翌日、GoogleのロゴがUFOに変わる

 先日、日本の次期ファーストレディ、鳩山幸夫人の「私たちみんな宇宙人」「太陽をパクパク食べている」「UFOに乗って金星に行った」「前世でトム・クルーズと一緒だった」というオカルト発言が世界中で話題になっていることを紹介しましたが、Googleまでもがその発言を面白がっているようです。

 いますぐGoogleのページを開いてみましょう! ロゴがなぜかUFOに切り替わっています!

 もちろんこれだけでは単なる偶然の可能性もありますが、GoogleはTwitterでこのロゴのことについて暗号らしき謎の言葉をつぶやいています。

 「1.12.12 25.15.21.18 15 1.18.5 2.5.12.15.14.7 20.15 21.19」

 これはアルファベットの順番を表したもので、英語に直すとこうなります。

 「ALL YOUR O ARE BELONG TO US」

 昔からインターネットをやっている方ならピンと来たと思います。そう、2001年ごろに日本人の作ったおかしな英語としてインターネット上で流行した「ALL YOUR BASE ARE BELONG TO US」のことです。奪われる対象の「BASE」が「O」になっているのは、Googleのロゴにちなんでのことでしょう。

 UFOの記念日でもないのにGoogleのロゴがUFOに、そして日本人のおバカ英語にまつわる暗号、前日には世界中で日本の次期ファーストレディのUFO発言がかけめぐった、とくればどう考えても関係があるように思えてしまいます。

 なお、UFO発言が報道されたのはお隣の韓国を始め、中国、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、オーストラリア、カナダ、ロシア、インドネシア、ベトナムなどなど確認できただけでも20カ国。発言の中に「トム・クルーズ」の名前があったせいで「サイエントロジー信者か?」とまで疑われている始末です。

 これからずっとネタにされバカにされ続けるかと先が思いやられますね、ホント。

このエントリーをはてなブックマークに追加