デジタルマガジン

2009年09月08日 14:00

ほかの銀河を食べて成長する銀河、アンドロメダ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかの銀河を食べて成長する銀河、アンドロメダ

 ジャーナル・ネイチャーに発表された最新の研究結果で、広大なアンドロメダ銀河はほかの銀河から星を消化することによって拡大していく傾向にあることが分かりました。国際的な科学者たちのチームは、アンドロメダ銀河の中に“小型の銀河の残骸”のような星を発見しています。

 これ以前にもアンドロメダ銀河が星を食べているのではないかという説はありましたが、今回の調査ではそれが起きたことを示す詳細な画像が得られました。

 初めて詳細に画像化されたアンドロメダ銀河とその周辺の図には、アンドロメダ銀河自体の中で生成されることのなかったいくつかの星が発見されています。地球からおよそ250万光年離れたアンドロメダ銀河は、拡大しながら周りの銀河と衝突し、そして吸収していっているのです。

 アンドロメダ銀河は、比較的近い位置にある銀河、北天の星座の1つ、さんかく座に位置するさんかく座銀河を最終的に食べてしまうとみられています。

[ via BBC ]

このエントリーをはてなブックマークに追加