デジタルマガジン

2009年09月18日 11:00

オランダ最大の小売店、PSP Goの発売をボイコットへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

オランダ最大の小売店、PSP Goの発売をボイコットへ

 オランダ最大のゲーム小売店“Nedgame”が、10月発売予定のPSP Goを売らないことを発表しました。

 同小売店がゲーム情報誌『Eurogamer Holland』に語った内容によれば、「PSP GoはPSP-3000と比べて80ユーロも高くなっており(価格は249.99ユーロ)、小型化した液晶画面などを考えると値段に見合わない。

 そして、何よりUMDドライブをなくしダウンロード専売にしたことからPSP Goのゲームを“Nedgame”は売ることができず、売り上げの大部分をソフト販売(中古を含む)に頼っている小売業者としては支持できない」とのことです。

 たしかに自分たちのクビを締めるようなゲーム機を売ろうだなんて思いませんよね。ゲーム機本体の利益は低いそうですし、何かメリットがないと小売店側としては納得できないんじゃないでしょうか? 同じような不満が『Eurogamer Spain』にも届けられているそうです。

 どうなる? PSP Go。

[ Eurogamer via Game*Spark ]

このエントリーをはてなブックマークに追加