デジタルマガジン

2009年08月13日 20:00

【今日のNASA】天体写真「不規則銀河NGC55」Part2

このエントリーをはてなブックマークに追加

【今日のNASA】天体写真「不規則銀河NGC55」Part2

© Don Goldman

 NASAが毎日1枚公開している天体写真。今日の写真は「不規則銀河NGC55」。

 不規則銀河NGC55は、大マゼラン雲に似ていると考えられています。およそ18万光年離れた大マゼラン雲は、私たちの天の川銀河系の伴銀河として有名ですが、NGC55は600万光年以上も離れており、ちょうこくしつ銀河郡の中の1つです。

 不規則銀河として知られている大マゼラン雲は、長時間露光撮影すると棒渦巻銀河のようにも見えます。しかし、およそ5万光年の幅があるNGC55は、真横から見るため、平らで細い形を表しており、正面から見る大マゼラン雲の眺めとは対照的です。

 ちょうど大マゼラン雲がその広大な星を形成地域から散光星雲を作り出すように、NGC55もまた、新星を作り出しているのが見えます。

 この非常に詳細な銀河の写真は、NGC55の明るいコア、複数の塵の雲、ピンクがかった星の形成地域、そして銀河を横切っている若い青い星団をハイライトしています。

 ※なんか見覚えがある銀河だと思っていたら昨年10月にNASAが同じ文章で紹介をしていました。写真は前回と異なります。

[ via APOD ]

このエントリーをはてなブックマークに追加