デジタルマガジン

2009年08月09日 22:00

【今日のNASA】天体写真「曇り空の中のダイヤモンド」

このエントリーをはてなブックマークに追加

【今日のNASA】天体写真「曇り空の中のダイヤモンド」

© Óscar Martín Mesonero (OSAE), SAROS Group

 NASAが毎日1枚公開している天体写真。今日の写真は「曇り空の中のダイヤモンド」。

 中国、湖北省武漢市上空の曇り空は、7月に起きた皆既日食の間、繊細な太陽のコロナを隠しました。しかし、皆既日食が終わり始めると、月のシルエットはこれらの光り輝くダイヤモンドによって強調されました。

 明るい太陽の光が、月の縁に沿った不規則な地形や谷、溝を通ることによって引き起こされるこの効果は、ベイリーの数珠として知られており、1836年にこの現象を発表したフランシス・ベイリーにちなんで名付けられました。

 また、皆既日食の始まりと終わりに見られるこの劇的な外観をしたベイリーの数珠は、ダイヤモンドリングとしても知られています。この素晴らしい写真では、ダイヤモンドリングの下の縁に沿って、小さなピンクがかった紅炎を見ることもできます。

[ via APOD ]

このエントリーをはてなブックマークに追加