デジタルマガジン

2009年07月08日 14:00

ついにソニーがVAIO初となるネットブック『Wシリーズ』を発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

ついにソニーがVAIO初となるネットブック『Wシリーズ』を発売

 つ、つ、ついにソニーがVAIOで初となるネットブック、その名も『Wシリーズ』を発売しました。発売日は通常モデルが8月8日、オーナーメイドモデルが8月22日となっています。

 『Wシリーズ』の最大の特徴は10.1型ワイド、1366ドット×768ドットの高解像度液晶。逆を言えばこれ以外は既存のネットブックとあまり代わり映えしません。デザインがVAIOらしい「360度どこから見ても美しい」ってところぐらいでしょうか。

 気になるスペックですが、CPUがインテル Atom N280、メモリが1GB、HDDが約160GB、OSがWindows XP Home SP3となっています。サイズは267.8(W)mm×179.6(D)mm×27.5-32.4(H)mm、重さは約1.19kg(バッテリーパック装着時)、標準バッテリーパックで約3.5時間駆動します。

 VAIO『Type P』はVistaのせいでモッサリしているとの報告がみられましたが、この『Wシリーズ』はどうなるのでしょうか? 別売りのリチャージャブルバッテリーパックを持ち歩いて駆動時間を倍にすれば、イロイロと使い道が広がりそうです。

 お値段通常モデルがオープンプライスの予想価格6万円前後、オーナーメイドモデルが59,800円から。

ついにソニーがVAIO初となるネットブック『Wシリーズ』を発売

このエントリーをはてなブックマークに追加