デジタルマガジン

2009年07月10日 20:00

自分の目がカメラに! 水深10メートルまでの水中撮影が可能な水中マスク型デジタルカメラ

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の目がカメラに! 水深10メートルまでの水中撮影が可能な水中マスク型デジタルカメラ

 ハンファ・ジャパン株式会社は、水深10メートルまでの水中撮影が可能な500万画素デジタルカメラ付き水中マスク『UDCM310』を、7月17日より発売すると発表しました。

 『UDCM310』は、本体にデジタルカメラがついた画期的な水中マスク。これさえあれば手ぶらで水中撮影が可能です。もうカメラを海に落として失くしてしまい泣くこともありません!

 撮影方法はマスクをつけて右側のシャッターボタンを押すだけ。自分の見ている方向がそのまま撮影されるので、「お、今だ!」って時にボタン押すだけで狙った通りの写真が撮れることでしょう。

 重さは約300g。1/2.5型500万画素CMOSセンサー搭載。静止画解像度は2560×1920ピクセル、動画は720×480ピクセルの30fps。最大容量8GBまでのMicroSDカードに対応。電源は単4型乾電池2本。対応OSはWindows Vista/XPとなっています。

自分の目がカメラに! 水深10メートルまでの水中撮影が可能な水中マスク型デジタルカメラ

 これからの海のシーズン、今から思いっきり海中散歩を楽しむためにおひとついかがですか?

 お値段直販価格で16,800円。

このエントリーをはてなブックマークに追加