デジタルマガジン

2009年06月15日 8:00

イスラエル軍、敵を監視したり爆弾を仕掛けたりできるロボットヘビを開発

このエントリーをはてなブックマークに追加

イスラエル軍、敵を監視したり爆弾を仕掛けたりできるロボットヘビを開発

 Sky Newsによれば、イスラエル軍の科学者が敵を監視したり爆弾を仕掛けたりできるロボットヘビを開発したということです。

 このロボットヘビはその特性を生かし、建物の狭い隙間でもスルスルと通り抜け、高い場所を覗くために垂直に立ち上がることもできるそうです。

 ロボットヘビは限りなく本物のヘビの動作を真似しており、イスラエル軍の兵士はロボットヘビが送ってくる動画を確認しながらリモートで操作を行います。なにより人的資源を大切にする、まさにイスラエル軍らしい装備でしょう。

 このロボットヘビの長さは6フィート(約1.8メートル)。軍の前線に配置される予定ですが、崩壊した建物での生存者探索など、救助活動にも用いられるとみられています。

 敵の監視は分かりますが、爆弾はどうやって仕掛けるんでしょうね?

[ via Ananova ]

このエントリーをはてなブックマークに追加