デジタルマガジン

2009年06月03日 20:00

『はじめてのおつかい』に隠されたテレビマンたちの苦労

このエントリーをはてなブックマークに追加

 『はじめてのおつかい』って番組あるじゃないですか? B.B.クイーンズの『ドレミファだいじょーぶ』がメインテーマのアレです。

 小さな子供たちの初めての大冒険。色んな冒険があって、自分も子供の頃にこんなことしたのかなあ? って見ていて微笑ましくなりますよね。

 でも、『はじめてのおつかい』には子供たちだけではなく、テレビマンたちの苦労も隠されていたんです。

 それがコレ。

『はじめてのおつかい』に隠されたテレビマンたちの苦労

 見えない場所での告知です。そうです、テレビの撮影だってバレちゃダメなんですよ。コレが子供にバレるとおしまいです。

 カメラマンはカメラを箱なんかに隠して撮影し、周りもバレないよう上手に周囲にとけ込むんだそうです。そして極めつけが、周りの人の協力!

 子供たちにはバレなくても、やっぱり周りの人にはバレてしまいます。だからこうやって見えないところでお願いしてるんですね。できるだけ漢字を使い、「子供たちには分からないよう」にしているところからその苦労が伺えます。

 こういうことを知ってしまうと次の放送がますます楽しみです。

[ via ねたミシュラン ]

このエントリーをはてなブックマークに追加