デジタルマガジン

2009年05月11日 8:00

ロシア、宇宙船のブースターロケットの破片が空から降ってきて民家に直撃

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロシア、宇宙船のブースターロケットの破片が空から降ってきて民家に直撃

photo:shellorz

 先週木曜日の夜、南シベリアのアルタイ地方にて宇宙船を宇宙へと運ぶブースターロケットの一部が脱落し、民家の2階部分を直撃しました。

 その日、住民はアパート2階の屋根に鋭い音を立てながら倒れる何かを耳にしたそうです。駆けつけた救助隊と消防士は、そこでおよそ4フィート(約1.2メートル)の金属片を発見しました。

 専門家が調べたところ、その金属片は当日の夜22時37分にバイコヌール宇宙基地から発射されたブースターロケットの一部であることが分かったそうです。

 幸いなことに怪我人は出ておらず、家の損傷も目立ったものではないのですが、この報せを受けたロシアの宇宙開発局は現場が墜落物の予想範囲地域から離れていることから「保証金目当ての詐欺ではないか」と懐疑的に捉えています。

 このブースターロケットが運んだProgress-M-02M貨物宇宙船は、現在、国際宇宙ステーションへと向かっており、5月12日にドッキング予定です。

[ via MosNews.com ]

このエントリーをはてなブックマークに追加