デジタルマガジン

2009年05月25日 17:00

エバーグリーン、USBメモリ感覚でmicroSDのデータのやり取りができるミニMP3プレーヤーを発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

エバーグリーン、USBメモリ感覚でmicroSDのデータのやり取りができるミニMP3プレーヤーを発売

 株式会社エバーグリーンは、同社が運営するインターネットショッピングサイト『上海問屋』にて、USBメモリ感覚でPCからデータの転送ができるmicroSD/microSDHC専用ミニMP3プレーヤー『DN-2009』を、5月22日より発売しました。

 『DN-2009』は、USBメモリのように扱えるミニMP3プレーヤー。データを保存するmicroSD/microSDHCを刺したまま本体をパソコンのUSB端子に接続することで、まるでUSBメモリのようにデータの転送が行えます。

 外部メモリ形式のMP3プレーヤーって拡張性は高いのですが、2度手間になってしまうためデータ転送の使い勝手が悪いんですよね。その点、『DN-2009』なら1度ですむので日々の音楽ライフをより楽しめそうです。

 サイズは57(W)mm×23(D)mm×12(H)mm。重さは13g。色はホワイトとブラックの2種類。電源は内蔵充電池にUSBで供給し、約2時間の連続再生が可能です。対応音楽ファイルはMP3、WMAとなっています。

 お値段999円。

このエントリーをはてなブックマークに追加