デジタルマガジン

2009年04月24日 20:00

Queenの『ボヘミアン・ラプソディ』をレトロなコンピューターたちが演奏

このエントリーをはてなブックマークに追加

Queenの『ボヘミアン・ラプソディ』をレトロなコンピューターたちが演奏

 Queenが1975年10月31日に発売した曲『ボヘミアン・ラプソディ』。今でも愛され続けているこの曲を、今にも壊れそうな古い古いコンピューターたちが見事に演奏しています。

 担当はそれぞれAtari-8ビット・コンピュータ『800XL』がピアノとオルガンを、テキサス・インスツルメンツのホームコンピュータ『TI-99/4A』がギターを、8インチフロッピーディスクがベースを、3.5インチハードディスクがゴングを、HPの『HP-ScanJet-3C』がボーカルとなっています。

 演奏にはエフェクトもサンプリングも一切使われていません。ただ、スキャナだけは4つの音を出さなければいけないため録音されたものが使用されています。

 歌の調子やリズムは若干外れてはいますが、これは間違いなくコンピューターたちによる『ボヘミアン・ラプソディ』です。彼らが「ママ、助けて」と連呼する様はなんだか悲しい気分になってきます。

 コンピューターたちも壊れるまで使って欲しいんでしょうね……。

このエントリーをはてなブックマークに追加