デジタルマガジン

2009年04月08日 11:00

ライオンやトラに触れるアルゼンチンのルーハン動物園。「ただし食べられても責任は取りません」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 アルゼンチンで論争の的となっている動物園があります。その動物園の名前は『ルーハン動物園』。なんとここでは、ライオンやトラなどの肉食獣と直に触れ合えるんです!

 触れ合う方法はとっても簡単。入場料とは別に50ドル支払い、「食べられても文句言いません」という書類にサインするだけ。あとはもうお触りし放題ってわけです。

 「みんな触ってるんでたぶん大丈夫」という赤信号みんなで渡れば怖くない理論でしか安心を得られませんが、死んでもいいから触ってみたいという人は行ってみたらいいんじゃないですかね? 追伸、身辺整理を忘れずに。

ライオンやトラに触れるアルゼンチンのルーハン動物園。「ただし食べられても責任は取りません」

ライオンやトラに触れるアルゼンチンのルーハン動物園。「ただし食べられても責任は取りません」

ライオンやトラに触れるアルゼンチンのルーハン動物園。「ただし食べられても責任は取りません」

ライオンやトラに触れるアルゼンチンのルーハン動物園。「ただし食べられても責任は取りません」

ライオンやトラに触れるアルゼンチンのルーハン動物園。「ただし食べられても責任は取りません」

ライオンやトラに触れるアルゼンチンのルーハン動物園。「ただし食べられても責任は取りません」

ライオンやトラに触れるアルゼンチンのルーハン動物園。「ただし食べられても責任は取りません」

 一応、触れ合う前に動物たちにご飯は与えられるそうですよ。だからって身の保証はありませんが……。

 リンク先にさらに写真あり。

[ via Fortuna ]

このエントリーをはてなブックマークに追加