デジタルマガジン

2009年03月17日 14:00

カプコン、『バイオハザード5』の初回出荷が400万本を突破

このエントリーをはてなブックマークに追加

カプコン、『バイオハザード5』の初回出荷が400万本を突破

© CAPCOM Co., Ltd. All rights reserved.

 株式会社カプコンは、同社の人気ゲーム『バイオハザード』シリーズの最新作『バイオハザード5』が、全世界で初回出荷としてシリーズ最高の400万本を突破したと、3月16日に発表しました。

 『バイオハザード』シリーズは、国内外で累計4,000万本以上の出荷を誇る人気タイトル。サバイバルホラーのゾンビゲーとして全世界で高い人気を誇ってきましたが、『バイオハザード4』より敵がゾンビから寄生虫へと変わったことから、『バイオハザード5』ではどうなるのか注目されていました。

 発売された『バイオハザード5』を見ている限りでは、シリーズはサバイバルホラーからアクションへと完全に姿を変えました。これまでの謎解き、ホラー要素が好きだったという人には残念ですが、こうした方向転換もこの出荷数をみる限りではアリだったのではないでしょうか?

 気が早い話ですが、『バイオハザード6』の発売、そして捨てられてしまった謎解き、ホラー要素がどうなるのか気になりますね。

 バイオハザード5

このエントリーをはてなブックマークに追加