デジタルマガジン

2009年02月19日 20:00

Googleストリートビュー、「現行のままでよい」が42%なのに対し「何かしらの規制・改善を求める」が46%と規制・改善希望がやや上回る

このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleストリートビュー、「現行のままでよい」が42%なのに対し「何かしらの規制・改善を求める」が46%と規制・改善希望がやや上回る

 株式会社イクオリティが、Web2.0型世論調査サイト「世論調査.net – みんなの声!」上で実施しているアンケート『グーグル「ストリートビュー」に全国から規制を求める声』の途中結果が発表されました。

 途中結果では、有効投票数361票のうち「現行のままで良い」が150票(41.55%)、「何かしらの規制、改善が必要」が167票(46.26%)、中止するべきが24%(6.65%)、わからないが17票(4.71%)、白紙票が3票(0.83%)となっています。

 「現行のままで良い」という声が多いなか、「何かしらの規制、改善が必要」が必要と考える人がそれを若干上回っている状態です。日本ではプライバシーの保護について、サービス本国のアメリカよりも厳しく考える人が多いようです。

 ちょっとした旅行気分が味わえるのでGoogleストリートビューは個人的には好きなのですが、日本人には受け入れられがたいサービスなのかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加