デジタルマガジン

2009年01月04日 8:00

世界最高齢、ギネスに認められている115歳の女性が亡くなる

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界最高齢、ギネスに認められている115歳の女性が亡くなる

photo:Nacho Doce / Reuters file

 金曜日の朝、ギネスブックに世界一長生きしている人として登録されているポルトガルに住む女性が亡くなりました。享年115歳、救急車の中で息を引き取ったとのことです。

 女性の名前はマリア・デ・イエスさん。1893年9月10日に生まれた彼女は、115年と114日という長い年月の中で、6人の子供、11人の孫、そして16人の曾孫を持ちました。夫とは57歳の時に死に別れ、子供も彼女より先に3人が亡くなっています。

 今回彼女が亡くなったことにより、長寿ギネスレコードはアメリカに住む114歳のガートルード・ベインさんに渡りました。ガートルードさんはロサンゼルス療養所で余生を送っています。

 カリフォルニア大学ロサンゼルス校のスティーブン・コールズ博士によれば、現在110歳以上年を取っている人は女性が82人、男性は9人しかいません。そして、長生きの秘訣はアルコールやタバコに関係なく、遺伝子、つまりDNAに関係しているとのことです。

 誰よりも長生きしたければ、生まれてくる前に長寿の遺伝子を持った両親を選んで下さいね。

[ via msnbc.com ]

このエントリーをはてなブックマークに追加