デジタルマガジン

2009年01月15日 10:00

コーヒーをよく飲む人ほど幽霊を見る? カフェインとストレスに関係が

このエントリーをはてなブックマークに追加

コーヒーをよく飲む人ほど幽霊を見る? カフェインとストレスに関係が

photo:Herdgotti

 イギリス、ダラム大学で行われている研究によると、コーヒーをより多く飲む人ほど幻覚を見るか、幽霊の存在を感じていることが分かりました。

 この調査結果は、200人の学生に対してカフェインの摂取量についてアンケートをとったところ、その中で最も消費が高い人たちがそこに見えないものを報告することが多かったことから明らかになりました。

 具体的には、毎日カップ7杯のインスタントコーヒーを飲む人は、毎日カップ1杯未満の人よりも3倍も超感覚的な体験をすることが多かったそうです。ダラム大学の学生たちは、コーヒー、お茶、栄養ドリンク、そしてチョコレートなど、カフェインを含んでいる食材について調べています。

 「これは、幻覚などの現象を調査する第一歩です。以前の研究では、小児期の心的外傷などについて調べていました。たしかにこれも幻覚を引き起こす要因となります。しかし、さきほどの食材を研究することは、カフェインとストレスが引き起こす肉体への反応をより明らかなものとしそうです」と、リーダーのサイモン・ジョーンズ氏は語りました。

 ストレスを感じた時、肉体はコルチゾールと呼ばれるストレスホルモンを分泌します。カフェインを摂取した場合、より多くのストレスホルモンが分泌されます。このコルチゾールの過剰分泌が、幻覚を引き起こす要因となっているかもしれないと研究者は述べています。

 より多くの仕事が、より多くのカフェインを摂取させ、そしてより多くのストレスを感じさせます。研究に参加した人たちは「そこにないものを見て、声を聞き、幽霊の存在を感じた」と報告しました。

 ジョーンズ氏は、このような幻覚を見ることが必ずしも精神病の兆候ではないとしつつも、およそ3パーセントの人々は定期的に幻覚を見るとしています。怖がりな人は、カフェインの過剰摂取に気をつけましょう。

[ via News.com.au ]

このエントリーをはてなブックマークに追加