デジタルマガジン

2009年01月28日 8:00

ドコモ、携帯でのPCデータ通信を定額化。ただし混雑している場所では帯域制限実施

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドコモ、携帯でのPCデータ通信を定額化。ただし混雑している場所では帯域制限実施

 株式会社NTTドコモは、“パケ・ホーダイ ダブル”を改訂し、これまで定額対象外となっていたPCなどを利用したデータ通信も定額の対象とすると発表しました。実施は4月1日から。

 これにより、“パケ・ホーダイ ダブル”は従来の上限4,410円、フルブラウザ利用時の上限5,985円に加え、PCデータ通信の上限13,650円が新たに登場します。13,650円でiモードもフルブラウザもPCデータ通信も使い放題です。

 ただ、残念なことにパケット定額サービス利用者に対しては、ネットワークが混雑している時間・場所において帯域制限を実施。頻繁に利用している人を対象に制限をかけ、他の利用者の快適さを向上させていくとのことです。

 ネットのヘビーユーザーにとってPCデータ通信の定額化は嬉しいものですが、PCデータ通信を行うということはより多くのデータを通信するわけで、そのせいでせっかくの通信に帯域制限をかけられては何だかなあといった感じです。

このエントリーをはてなブックマークに追加