デジタルマガジン

2008年12月06日 18:00

世界最高齢の猫、125歳の誕生日を迎える

このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo:SWNS.COM

 イギリスのコーンウォール州に住むソーン夫妻に飼われている猫が、先日125歳の誕生日を迎えました。え? 125歳はどう考えてもおかしいって? はい、人間の年で数えると27歳です。

 この猫の名前はミスチーフ。言われてみればちょっとおじいちゃんに見えなくもないです。ヒゲが白いとことか、ええ。

 ソーン氏によれば、1981年に友人が飼っている猫が子猫を生み、それを貰い受けたのが今のミスチーフなのだそうです。同じ年のクリスマスに撮った写真に、小さな頃のミスチーフが写っています。

 それから約30年間、ミスチーフはソーン家に愛されてきました。正直僕よりおじいちゃんですこの猫。現在では、生まれて20ヶ月の赤ちゃんもミスチーフのことをとても気に入っており、ミスチーフが死んでしまったらどうしようと夫妻は悩んでいます。

 ただ、そんな心配をよそにミスチーフはまだまだ長生きしそうです。若い頃と比べると元気はなくなりましたが、まだ階段の門を飛び越えることも、エサをねだって足下でスリスリすることだってできちゃうんです。

 ミスチーフが世界最高齢の猫になれるかどうかは分かりません。ギネス記録によれば、世界一長生きした猫は享年38歳なんだとか。その猫、しっぽが2本あったりしませんでしたか?

[ via Telegraph ]

このエントリーをはてなブックマークに追加