デジタルマガジン

2008年12月04日 9:49

PS3はあと10年は戦える。パイオニアの16層400GB光ディスクはPS3と互換性あり

このエントリーをはてなブックマークに追加

photo:Jimmy Hsu, Digitimes, December 2008

 台湾で行われているITフェアにおいて、パイオニアが16層400GBの再生専用多層光ディスクを公開しました。7月に開発成功が報じられてから、およそ5ヶ月での一般への公開となります。

 注目したい点は、現在市場に出ているBlu-rayプレーヤーとピックアップ部分が同じ仕様のため、互換性があるということです。そう、つまりPS3でこのディスクを利用できるのです。

 PS2のネックは1層4.7GBというDVDの容量でした。2層8.5GBの技術が開発されましたがそれでも足りず、結局PS3では2層50GBのBlu-rayが採用されました。ゲームは時代とともにその容量がどんどん肥大化していっています。

 しかし、今回公開されたこの光ディスクによって容量という将来ネックになる部分は解消されました。ロードマップによれば、2013年には1TBの光ディスクが開発される予定です。1TBのゲームなど想像もつきませんが、少なくとも容量不足による次世代機への移行はなくなりそうです。

 考えても見ろ……パイオニアがムービーゲーに送り届けた記憶メディアの容量を……PS3は、あと10年は戦える!!

[ DIGITIMES via Joystiq ]

※11:38分修正。誤解を招く表現であったため、HD DVDに関する一文を削除致しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加