デジタルマガジン

2008年12月01日 10:00

マクドナルド、本日より持ち帰り用レジ袋全廃へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本マクドナルド株式会社は、全国のマクドナルド約3,700店で環境負荷の軽減のために持ち帰り用レジ袋を本日より全廃します。今後はポリエチレン製ではなく、簡易包装の紙袋となります。

 マクドナルドによると、2007年10月から行ってきた「レジ袋・紙ナプキン削減」キャンペーンの開始から1年間で、約480トンの紙資源、プラスチック資源の削減効果があったということです。

 包装のされ方ですが、「ドリンク1点の場合は包装なしでそのままお渡し」「バリューセット1点の場合は手さげ袋に入れず、紙袋2個をお渡し」などの方法がとられます。朝マック持ち帰りですでに体験された方もいるんじゃないでしょうか?

 新しく導入された紙の手さげ袋や紙袋には、「This is ECO STYLE」のキャッチコピーが印刷されます。これで今日からあなたもエコ派です。

 今回のレジ袋全廃による削減効果は、年間で重量約2,300トンのプラスチック資源(CO2に換算すると約6,200トン=ヒノキ約24万8,700本の年間CO2吸収量に相当)になるとか。浮いた材料費はぜひ植林に回して欲しいところです。

このエントリーをはてなブックマークに追加