デジタルマガジン

2008年12月02日 14:00

ムンバイを襲ったテロリスト、Google Earthで地理を学んでいた

このエントリーをはてなブックマークに追加

 先週、インドのムンバイで起きた同時テロを捜査している当局によれば、テロリストたちはGoogle Earthを使って現場の地理を学んでいたとみられています。

 インド警察は、テロリストたちは非常に訓練されており、衛星電話と全地球測位システム(GPS)のようなテクノロジーを使用していたことを示唆します。

 インド前大統領のアブドゥル・カラーム氏は、2005年のレクチャーにおいてGoogle Earthのような国の詳細な地図が分かるサービスは、テロリストたちに利用されてしまうと警告していました。インドの治安部門は、Google Earthがインドのデリケートな部分を露呈させたと不満を漏らします。

 また、中国などのほかの国は軍事機密の場所に対して同様の不満を述べています。今回テロが起きた2つのホテル、レストラン、マンション、駅はいわゆるデリケートな部分ではなかったため、すべての地区で詳細な地図を印刷できる状態でした。

 これが事実であるなら、ストリートビューが展開されている日本とアメリカはかなり危なそうです。テロリストは昔から日本のアップローダーを利用したりと、何気にインターネットに詳しいんですよね。日本で起きないことを祈ります。

[ via PC World ]

このエントリーをはてなブックマークに追加