デジタルマガジン

2008年11月12日 14:00

エレコム、マイクロレシーバーとレーザーセンサーを搭載したワイヤレスマウスを発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

 エレコム株式会社は、同社“グラスト”の新シリーズとして、超小型「マイクロレシーバー」と高精度の「レーザーセンサー」を搭載した、2.4GHz帯採用のワイヤレスモデル“MICRO GRAST”を11月中旬より発売すると発表しました。

 “MICRO GRAST”は、ロングセラーを続ける“グラスト”シリーズのワイヤレスモデル。サイズもポケットに納まる“M-BGDLシリーズ”と、スタンダードの“M-PGDLシリーズ”の2種類があり、さらにどちらも8色のカラーバリエーションが用意されています。合計は16モデルと多い。

 超小型と宣伝されているレシーバーのサイズは、USBコネクタ部分を含めても1円玉ほどの小ささ。このサイズならノートパソコンに差し込んだままでも気にせず持ち歩くことができます。もちろん、マウス本体への収納も可能。

 センサーは、従来の光学式をやめてレーザー式を採用。このためマウスのカーソル飛びなどがほとんどなくなり、イライラしてマウスを放り投げることも少なくなるでしょう。

 無線方式は2.4GHz帯。使用可能範囲は約3メートル。サイズは“M-BGDLシリーズ”が41.5(W)mm×73.0(D)mm×29.1(H)mm。“M-PGDLシリーズ”が50.0(W)mm×90.0(D)mm×32.0(H)mm。単4形乾電池1本で動作します。

 お値段どちらも6,930円。

このエントリーをはてなブックマークに追加