デジタルマガジン

2008年10月27日 14:00

世界最悪水準、ジンバブエの超高額紙幣を写真で紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

 先日、世界最高(最低?)の記録となる通貨単位を100億分の1にデノミしたジンバブエですが、その天文学的なインフレ率により再び通貨単位が上昇してきています。

 ジンバブエの超高額紙幣はどうなったのか? そして今どうなっているのか? を、写真を紹介します。

 20万ジンバブエドル札の価値は10セント(約9円)未満。

 2007年12月22日、50万ジンバブエドル札が登場しました。

 75万ジンバブエドル札がこんにちは。

 1月、1000万ジンバブエドル札ができました。それでも価値はわずか1ドル(約94円)。

 コレ全部で650億ジンバブエドル。額にして2,000ドル(約19万円)。

 この現金の山は100ドル(約9422円)の価値があります。

 5000万ジンバブエドル札入りましたー。

 はい、お次は2億5000万ジンバブエドル札です。

 「すみません、このTシャツはいくらですか?」「はい、27億6500万ジンバブエドルと大変お安くなっております」。

 5月、5億ジンバブエドル札が登場しました。

 6月、250億ジンバブエドル札と500億ジンバブエドル札が登場しました。

 8月、世界最高額の1000億ジンバブエドル札がついに!

 でもこれだけ出しても卵3つしか買えません。

 レストランの会計の様子。

 レシート。桁がハンパじゃない。

 8月、デノミ実施。通貨単位を100億分の1に。

 しかしインフレのせいで再び上昇。これだけだしてトマト4つ。

 9月、2万ジンバブエドル札が登場しました。デノミ前に換算すると200兆ジンバブエドル札。

 2週間前に5万ジンバブエドル札が登場しました。500兆ジンバブエドル札です。

 もはや皆笑うしかない状況。ジンバブエで再び1000億ドル札が見られる日も近いかもしれません……。

[ The Fun Stuff ]

このエントリーをはてなブックマークに追加